The Japanese Plasmalogen Society
研究会について

研究会について

プラズマローゲン研究会は、膜成分の一つであるグリセロリン脂質の中でも、特異的な構造および機能をもつプラズマローゲン(Plasmalogen)の生理作用を明らかにする目的で、基礎および臨床研究者によって結成されたコンソーシアムです。

プラズマローゲンの研究は、その高純度抽出技術がレオロジー機能食品研究所(研究会メンバー)により開発されたことから一段と飛躍し、抗神経炎症作用、抗アミロイド作用および抗神経細胞死作用などが明らかになってきております。さらに最近では軽症アルツハイマー病(AD)と軽度認知障害(MCI)の被験者328名を対象に実施した多施設・無作為・二重盲検試験で、ホタテ由来プラズマローゲン経口摂取によって、軽度ADの記憶機能を改善することが示唆されました。現在、パーキンソン病・うつや睡眠に関する臨床試験など、ホタテ由来プラズマローゲンの臨床応用及び作用機序の解明に向け、本研究会によってさらなる研究の発展が、効率よく行われることを期待いたします。

九州大学名誉教授 大村 裕

研究会の目的Purpose

当法人は、プラズマローゲンに関する共同研究を行う事、及びそれを通した「脳疲労」に関する研究を行う事により、アルツハイマー病、うつ病、パーキンソン病、不登校などの行動障害、メタボリック症候群など、心身の障害の治療と予防に貢献する事、及びその成果を社会に還元する学術活動を行う事を目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。

  • 目的に合う共同研究及び研究受託
  • 成果を研究集会及び講演会で年1回以上開催し、一般に公開する。
  • その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

研究会会則

第1章/総則

第1条(名称)

本会は、一般社団法人プラズマローゲン研究会と称する。

第2条(事務局)

本会の事務局は、下記に置く。
〒812-0025 福岡県福岡市博多区店屋町6-18-6F

第3条(目的)

本会は、アルツハイマー病及び脳疲労の予防医学に関する研究の発展のため、会員相互が広く意見を交換し、かつ親交を深めることにより、医療の進歩に貢献することを目的とする。

第4条(事業)

本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 原則として年1回以上の研究集会を開催する。
  2. アルツハイマー病及び脳疲労の予防医学に関する研究資料の収集、他学会、研究会との知識の交流、講習会などの学術活動を行う。
  3. 会員名簿を発行する。
  4. その他目的を達成するための事業を行う。
  5. 非営利団体とする。

第2章/会員

第5条(種類)

本会の会員は、学術会員とする。

  1. 学術会員は、本会の趣旨に賛同する個人で、所定の会費を負担するものとする。
  2. 会員となるには、所定の入会申込用紙に必要事項を記入し、会費を添えて事務局に申し込む。

第6条(会費)

会費は、当分の間次のように定める。

  1. 学術会員 年額 10,000円

第7条(会員の資格喪失)

会員が次に該当する場合には、その資格を喪失する。

  1. 退会したとき。
  2. 禁治産又は準禁治産の宣告を受けたとき。
  3. 死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は会員である団体が消滅したとき。
  4. 理由なく2年以上会費を滞納したとき。
  5. 除名されたとき。

第8条(退会)

会員が退会しようとするときは、理由を付して退会届を世話人代表に提出しなければならない。

第9条(除名)

会員が次に該当する場合には、総会の議決を経て、世話人代表が除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

  1. 本会の定款又は規則に違反したとき。
  2. 本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

第3章/役員

第10条(役員)

本会には下記の役員を置く。

  1. 顧問 若干名
  2. 世話人会
    世話人 若干名
    世話人代表 1名、世話人副代表1名
  3. 事務局は世話人代表の所属機関に置く。
    会計 1名
  4. 顧問は、世話人会の推薦、承認を得て世話人代表がこれを文書により委嘱する。とくに任期は定めない。
  5. 世話人は、会員中から選任され、世話人会を構成する。任期は2年とし再任を妨げない。
  6. 世話人会は推薦により世話人代表を選出する。
  7. 世話人代表は必要に応じて世話人会を召集する。

第4章/運営

第11条(運営)

本会の運営は、世話人会が行う。

  1. 世話人会は、必要に応じて世話人代表が召集する。
  2. 世話人会は、顧問、世話人代表、会計監査、会員の入会、研究会の開催などの重要事項について審議する。
  3. 世話人会は、幹事、会計を選出し、会務に当たらせる。

第12条(研究会会長)

研究会会長は世話人会が選出し、世話人代表がこれを委嘱する。

  1. 研究会会長は、研究集会を開催する。

第13条(年次報告)

世話人代表は年度末に次の報告を行う。

  1. 事業計画並びに事業報告、収支予算並びに決算
  2. 財産目録(会費、寄付金、その他)
  3. 世話人会で必要と認めた事項
  4. その他

第14条(事務)

本会の事務的事項の処理は、世話人代表が会計に委嘱することができる。

第15条(会計年度)

本会の会計年度は毎年1月1日に始まり、その年の12月末日に終わる。財産は銀行預金として事務局に保管する。

付則

  1. 本会則は世話人の1/2以上の賛成をもって変更することができる。
  2. 本会則は2014年5月27日より施行する。

研究会メンバーMembers

代表 理事

  • 大村 裕(九州大学名誉教授・統合生理学)

理事(臨床研究部代表)

  • 藤野 武彦(九州大学名誉教授・医療法人社団ブックス 理事長)

理事

  • 馬渡 志郎(レオロジー機能食品研究所 所長)
  • 藤木 幸夫(九州大学生体防御医学研究所 特任教授)
  • 片渕 俊彦(九州大学大学院医学研究院加齢病態修復学講座 教授)
  • 坪井 義夫(福岡大学医学部医学科神経内科学 教授)
  • 山田 達夫(前福岡大学医学部医学科神経内科学 教授)
  • 朝田 隆(筑波大学名誉教授 医療法人社団創知会 理事長)
  • 吉良 潤一(九州大学大学院医学研究院臨床医学部門 教授)

監事

  • 合馬 慎二(福岡大学医学部医学科神経内科学助教)

顧問

  • 中原 伸之(公益財団法人アメリカ研究振興会理事長・元日本銀行政策委員会審議委員)

臨床試験統計顧問

  • 古野 純典(九州大学名誉教授)

評議員

  • 岡内 辰夫(九州工業大学大学院工学研究院 准教授)
  • 北村 充(九州工業大学大学院工学研究院 教授)
  • 本庄 雅則(九州大学生体防御医学研究所 特任准教授)
  • 寶珠山 務(産業医科大学産業生態科学研究所 講師)